2007年09月28日

指輪交換

婚約指輪はプロポーズのときに用意しているものと考える人があいたら、それがドラマの見過ぎです。
ちゃんと婚約が成立してから女性の意向を聞いてから男性が購入するのが普通です。

ですが、受け取る女性のことを考えると、相手の好みのデザインやリングのサイズのこともあるのでプロポーズ後に値段等のことも相談して、一緒にジュエリーショップに行かれるといいでしょう。

婚約指輪を既製品で購入する場合でも、サイズ合わせ等にしばらく時間がかかりますので、最悪は結納に間に合うように段取りしておきましょう。
そして婚約指輪をつけるタイミングですが、頂いた時からつけて構いません。
婚約指輪を贈る彼もその方が嬉しいんですよ。

結納をされる場合には、結納品と一緒に飾られるのでその時は外されると思いますが、結納まで待たなくても大丈夫です。
要するに、婚約指輪はそのときどきで臨機応変に指につけたり飾ったりすればいいのです。なにか両家の仕来たりがあれば、それに従いましょう。

婚約指輪と結婚指輪の付け替えるタイミングはなんとなく分かりづらいですよね。
多くの方は結婚式当日から結婚指輪に付け替えるようです。しかし、入籍の時に付け替える方もいらっしゃるようですよ。

それから、もうひとつ大事なものがリングピローです。 結婚式で指輪の交換のときに新郎新婦の指輪を乗せてくるもので、花嫁のドレスと同じ生地で作ったり、そうでなくても手作りしたりしても思い出になっていいですね。

posted by 結婚指輪 at 23:34| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント

オレのうぶな息子が売れたぞ!
自信と引き換えに働く気力はなくしたけどな(笑)
http://aiyorikane.net/pre/1y30pvz/
Posted by なみ平 at 2010年11月06日 08:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5631661

この記事へのトラックバック