2007年09月28日

神前婚

神教の冠婚葬祭形式はお洒落だと思ったりしたことありませんか。特に結婚式のその雰囲気にあこがれるカップルは多いはずです。また、神社によっても様々な様式があって日本古来の伝統をしみじみと感じることができるものです。
京都ブライダルなどの企画もあります。
もちろん、京都の有名な神社だけでなく、地元にも素晴らしい神社があり、日本的な挙式が人気です。

神前婚であっても指輪交換を希望される方たちが多いため、神社でも巫女さんがリングボーイの役割を行い、指輪交換を行うようですね。
でも、やはり神前婚では指輪交換をしないのが普通です。
もし指輪交換を行いたければ披露宴で出席者に見守られながら行うという手もありますよ。

神前婚後の会食や披露宴は、料亭や落ち着いたレストラン等を利用するアットホームな雰囲気がほとんどです。
そうした雰囲気を盛り上げる指輪交換の良い演出がありますのでご紹介いたします。

それは「リングリレー」です。
やり方はいろいろです。ここに1例を挙げておきます。新郎新婦それぞれの出席者にそれぞれ1本の長い紐を持っていただきます。
紐の色はそのときの雰囲気で選んでください。
次に、その紐にリングを通し、参列者に結婚指輪を触ってもらいます。
このとき、祝福の気持ちを指輪にぐっと込めいただきます。
最後は新郎新婦のご両親に受け取っていただきリングピローの上に置いていただきます。
このリングリレーをすることで、出席者全員で新郎新婦を祝福してあげることができます。できればリングピローもオリジナリティの高いものにしたいですね。

posted by 結婚指輪 at 23:48 | TrackBack(0) | 日記
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5631811

この記事へのトラックバック